FC2ブログ
オレたちの日記とは中学時代に友人達とやっていた交換日記の名前である
キャラに意外な質問バトンだよマルスさん
2009年 08月 24日 (月) 17:40 | 編集
大佐さんとの共演バトン!日記と私信は下の記事です。めいぽ日記になってますけd
長いので続きからです。でも前置きが一番長いです(



【キャラに意外な質問バトン】
・創作キャラになりきって答えましょう。プロフ欄に書くことが増えるかもしれません。
・何人でもOK。会話形式にするのも面白いかもしれません。

指定キャラ:
●クルアスさん(ドンカラス♂/大佐さん宅)●フェリエルさん(ドンカラス♀/大佐さん宅)
●カイス(ドンカラス♂)●レネイト(ドンカラス♂)

「カイス、久しぶりに一緒にバトンだそうですよv」
「へー、2人で?」
「いえ…4人だそうですけど」
「え…誰?それ」
「さぁ…」
「あ…、あの…っ」
「!…誰?;あれ…」
「…!フェル…」
「あ…、クルアスさん…っ」
「なんだ知り合いなの?俺にも紹介してよ」
「あァ?俺の女をナンパでもする気か?カイス」
「!!! …えええ…;この声は…」
「!レネイトっ…あなたも呼ばれて来たんですか…?」
「……?」
「ああ、お前たちと答えればいいんだな?
 俺はレネイト、こっちはフェリエルだ。よろしくな」

「あの…、宜しくお願いします…」(ぺこ
「…カイス、あの方は?」(ひそ
「レネイト…、俺の、命の恩人…。…俺はカイス、こっちはクルアス、…よろしく」
「なんだ?元気ねぇな」
「ん、あー…あはは…」
「レネイト…あなたは2人とお知り合いなんですか…?」
「ん?ああ、こっちの緑髪の方とはな。
 あんたがクルアスか?カイスから少し聞いたことがあってな、まぁ宜しく頼むな」

「…はい…、…宜しくお願いします(にこ」
「…で、フェリエルさん?俺はカイス、クルアスの友達。ヨロシク♪」
「あ…っ、はい、よろしくお願いしますっ…///」

とりあえずちょっと補足ということで(?)この4人の過去話において
フェリエルさんはクルアスさんを助けた人
レネイトはカイスさんを助けた人です。
ってことを一応書いておきます。
≫ "キャラに意外な質問バトンだよマルスさん" の続きを読む...
スポンサーサイト
口調バトンと私信ですマルスさん
2009年 08月 19日 (水) 12:01 | 編集
とても久しぶりにバトンをしよう。私信は続きから!
ろきあさんと灯風さんから頂いたものは、ちょっとこれより質問数少ないものだったけど質問は大体同じ?な感じなのでまとめてやっちゃいます。


【口調バトン】

指定:
●ルキ(アブソル♀) ●いのり(ジラーチ(♀)) ●カイス(ドンカラス♂)
●イノ(エンペルト♀) ●エト(エンペルト♂)

◆名前は?
「アブソル♀のルキよ。ろきあさんからの指定かしらね?ありがとv」
「私はイノ!エンペルトの♀です。ゆきみさん、ありがとうv」
「ジラーチのいのりといいますのです!わらわはマドカさんから頂きましたのです!」
「僕もマドカさんからだよ。ありがとう!」
「で、俺は灯風さんからでーす。サンキュv」
エトとカイスさんが名乗っていない(

◆バトンを回す人を5人決めて♪
「じゃあ私はイヴファーリアさんに回すわ」
「わらわはまほらさんに回すのです!」
「んじゃ、俺はちゃもさんヨロシク♪忙しそうだから無視してくれても全然オッケーなんで」
「うーん・・・じゃあ僕は韻城さん、どうかな?」
「えっと、リターンみたいになっちゃうけどろきあさんどうぞ!」
彼らとお友達になってくださっている方の親御さんにパス!

◆上記の人とはどんなきっかけで知り合った?
「イヴファーリアさんは、向こうから声をかけてくれたのよね♪企画の方のバトンも受け取ってます、って。」
「まほらさんも確か声をかけてくださったのです!ありがたいのです!」
「ちゃもさんはー、・・・えーとどうだっけ?」
「∑忘れたの!?」
「俺が忘れたんじゃなくてさー、ご主人サマg」
「そんなのどっちでもいいよ!ちゃもさんごめん・・・!」
「こっちから行ったような声かけてもらったような曖昧なんだよね、記憶が。悪いね」
「韻城さんは向こうから挨拶しに来てくれたんだよね、掲示板に」
「ろきあさんも挨拶に来てくれたんだと思うけど・・・ありがと!」
自分から行くことがほとんどないのがまるわかr(チキン

◆上記の中で1番に知り合った人は?
「あ、これはろきあさんね!多分!」
「え、韻城さんじゃない?」
「2人とも擬人化にジャンル変更する前から付き合ってもらってるしなー」
ろきあさんのような気もするんですが韻城さんもかなり昔からのような気が(

◆5人のいい所をかいて下さい
「みんな良い人よ♪見捨てないでいてくれてるんだもの」
「そうなのです!幸せなことなのです!」
「というわけで、これからも仲良くしてあげてね~」

◆5人のいい所をイメージできる動物をかいて下さい
「イヴファーリアさんはスピアーかしら。魔道師さんの方でもお世話になってるからかもね」
「まほらさんはトゲチックなのです!これはきっとカランさんの奥さんがトゲチックさんだからに違いないのです!」
「ちゃもさんはエンペルトかなぁ。ポータのイメージが強いっていうか(笑)」
「韻城さんはウインディかな?でもピクシーのイメージもあるって」
「それはどう考えてもぴんしゃーだと思うけど」
「ろきあさんはアブソルね!ルカリオも浮かんだけど直感でアブソル!」
「あら、アタシと同じじゃなーい♪」

◆罰ゲームを決めて下さい
「罰ゲーム!?どうするのですか!」
「罰ゲームいらなくない?絶対そのうち忘れるってご主人サマ」
「いのちゃんがマドカさんからもらったのは罰ゲーム確定だよね、確か。チュウ絵だっけ?ちょっと待っててね。って言うと多分大分待たされると思うけど・・・僕のは22日までってことは罰ゲームなしだよね?」

◆5人との出会い
「え、これさっき答えなかった?」

◆その5人との共通点は?
「全員イラスト描くし、ポケモン好きよね♪あと擬人化をやってることじゃない?」

◆5人は自分のことどう思ってる?
「これは自分じゃわかんないっしょ。他人の思ってることなんか」

◆この5人と今後どうしていきたい?
「これからも仲良くしてやってください、だって。」

◆5人は喧嘩したことある?
「ないのです!したくもないのです!」

◆指定(口調)
「じゃあイヴファーリアさんは白夜さんでお願いね」
「まほらさんはスティルさんでお願いしますのです!スティルさんに回しすぎなのです!」
「じゃあちゃもさんはポータ・・・って言いたいとこだけどミカトヨさんにしよっかな~♪」
「韻城さんは、じゃあぴんしゃーさんで」
「ろきあさんはルークさんで!よろしくお願いします!」

終わった!!長い!
続きから私信です。奏さん、マドカさんへ!
copyright (C) オレたちの日記 all rights reserved.
designed by polepole...